年間延べ1万人から選ばれる歯科医院 徹底したインフォームド・コンセントによるインプラント治療 インフォームド・コンセントとは? 治療内容についてよく説明を行い、十分理解いただけたた上で治療を決定いただくことです。 受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

歯を失ってしまったら

院長挨拶

やしろ歯科医院 院長 矢代享一(やしろきょういち)

インプラントの治療は今日では一般的な治療となりつつあります。インプラントは、歯を失われた患者さんが、従来の入れ歯や両隣の歯を削ってかぶせるブリッジなどと異なり、他の歯に負担をかけないで、天然の歯と同様に快適な食生活を回復させる事を可能とします。

しかし、他の一般的な治療とは異なり、体の中(歯が失われた部位の顎の骨)にインプラントという異物を埋め込み、その上にかぶせ物を作製していくため、より詳細な診査、診断が重要となってきます。また場合によってはインプラントの補助手術(「GBR法」「ソケットリフト法」などの骨移植、造骨)が必要となることもありますので、当院では出来る限りすべてCT撮影をさせていただき、詳しく患者さんに説明させていただいた上でインプラント治療を受けていただく様にしております。また、治療中の痛みも患者さんにできる限り感じさせないようにして治療を行うようにしております。

また、私は「かみ合わせ認定医」のライセンスを持っております。多くの歯を失ってうまく咬めない方、かみ合わせに不安のある方は当医院にお越し下さい。

やしろ歯科医院 院長
矢代享一(やしろきょういち)

何もしないで放置することをお考えの方へ…

何もしないで放置することをお考えの方へ…何もしないで放置することをお考えの方へ…

歯が抜けたところをそのままにして放置することも、立派な選択肢の一つです。

奥歯を数本失った場合には、しばらくすると残った歯でなんとか工夫をしながら、食事をすることが出来るようになります。胃腸が丈夫なら、消化が悪くなるということもさほど心配する必要はないでしょう。しかし長い間が経つと残っている特定の歯に負担が集中して、その歯の寿命が短くなる可能性は十分に考えられます。それに前歯を失った場合には、たとえそれがたった1本であっても放置しておくことは出来ないのではないでしょうか。

失った歯を補わないで放置しておくことでもう一つ心配なことがあります。それは歯が抜けたスペースに残った歯が移動してきてしまうということです。とくに、相手を失った対合する歯や、スペースの奥にある歯が移動してきてスペースを埋めようとします。

しかしそのスペースが完全に閉じられることは稀で中途半端で終わってしまうのが通常のパターンです。その場合には、咀嚼運動の妨げになったりして障害の原因になることもあります。

コラム

2019/4/17

インプラント治療を行うに当たっては、何よりもまず患者様とのお話し合い・ヒアリングが要となってまいります。そこからお口の中を拝見し、インプラント治療を行うに当たって適した口内環境かどうかを見極めてまいります。実は、インプラント治療というのは全ての患者様に行える治療ではございません。万が一インプラント治療の施行が難しい場合も、代替の適切な治療プランをご提案致しますので、本庄でインプラント治療をお考えの際は、まずは一度やしろ歯科医院にご相談くださいませ。

2019/4/10

入れ歯の制作に当たって気を配るべきポイントは様々ですが、その中のひとつが土台となる歯型の部分です。歯形をしっかりと採取しておかなければ、患者様一人ひとり異なるお口のなかにフィットする入れ歯を作ることができません。本庄のやしろ歯科では、一般的な方法で採取した歯形よりもさらにこだわった、それぞれの患者様に合わせた枠で歯形採りを行っております。

2019/4/3

「第2の歯」とも呼ばれるインプラント治療は、今や多くの患者様に用いられております。本庄市でインプラント治療のできる歯科医院をお探しでしたら、やしろ歯科医院にお任せ下さい。複数のドクターの意見を聞き、納得して治療を受けることのできるセカンドオピニオン制度も導入しております。

2019/3/27

入れ歯治療の方法のひとつとして知られるブリッジ。普通のブリッジは、両隣の歯に被せ物をするためにかなりの量の歯質を削り取る必要がございます。これを避け、できるだけ歯を削らずに作成・設置することができるのが、接着ブリッジです。やしろ歯科では、20年前からこの接着ブリッジを用いた治療法を行ってまいりました。本庄にお住まいで、安心・安全の接着ブリッジをお考えの際は、ぜひご相談下さい。

2019/3/20

失った歯を補綴する歯科治療・インプラント治療。完全自由診療、かつ精度の高い治療を行うためある程度の費用はかかりますが、ものを咀嚼するための機能性や耐久性も高く、また他の天然歯と並んでも違和感のない見た目で、審美性の高さも大きな特長です。本庄のやしろ歯科では、経験豊富なベテランの歯科医がインプラント治療に当たります。

2019/3/14

部分入れ歯というと、金属製の金具などを用いて取り付けるもの、というイメージがございますが、その常識を崩したのが、「ノンクラスプデンチャー」です。こちらは金具を使わず、入れ歯をつけていることが目立ちにくいという特徴がございます。本庄の歯科医・やしろ歯科では入れ歯治療ひとつをとってもこのように柔軟な対応が可能です。

2019/3/6

失った歯を補綴するための治療として知られるインプラント治療。インプラント治療を安心して受けられる歯科医院の条件の一つに、行う治療内容をしっかりと的確に説明できる歯科医が在籍している、ということが挙げられます。本庄市の歯医者・やしろ歯科医院では、事前にしっかりとカウンセリングの時間を設け、患者様にご理解・ご納得いただいた上で治療に取り掛かりますので、安心感が段違いだと評判です。

2019/2/27

失ってしまった歯を補うための治療といえば入れ歯ですが、例えば歯が無くなったわけではなく、歯の治療の中で削った部分を補填・修復するために用いられるのが、歯の被せ物や詰め物です。本庄のやしろ歯科医院では、歯を失われた方向けの入れ歯治療や、欠けた歯を補う被せ物・詰め物に関する治療などを幅広く承っております。

2019/2/20

当院でご案内しているインプラント治療で用いる素材はチタン製です。チタンを選択する最大の理由は、人体に馴染みやすく、かつ毒性も少なく安全である、という点です。チタンはインプラントをはじめとする歯科治療の分野だけではなく、整形外科の人工関節や骨の固定などにも用いられており、その安全性は折り紙つきといって良いでしょう。本庄での安心・安全なインプラント治療をお考えの際は、ぜひ御来院くださいませ。

2019/2/13

本庄のやしろ歯科では、治療に当たって様々な種類の入れ歯をご紹介・ご案内しております。 初めて入れ歯を使用される方に最適な保険義歯「クラスプデンプチャー」、ソフトな素材を用いた「ノンクラスプデンチャー」、プラスチックのものよりも耐久性の高い「金属床」など、その特性は様々です。患者様としっかりとカウンセリング・ヒアリングを行ったうえで、最適な入れ歯をご提案致します。

2019/2/6

病院の治療内容に関して、主治医以外の他の医師に意見を求め、より納得した形式で治療を受けることができるようにする、という手法を「セカンドオピニオン」と呼びます。本庄市の歯科医院・やしろ歯科では、インプラント治療のセカンドオピニオンを実施しております。他の歯科医院さんでインプラント治療を受けている方で、セカンドオピニオンをお考えの際は、お気軽にご相談下さい。

2019/1/30

より高度な義歯治療が発展したことも手伝ってか、入れ歯には「ずれる」「合わない」といったネガティブなイメージを持たれることが少なからずございます。しかし、治療に当たる歯科医師と入れ歯作りを行う技工士がしっかりと連携を取れば、患者様にとって最良の入れ歯を作り上げることは、決して不可能ではないのです。本庄の歯医者・やしろ歯科では、院長自ら入れ歯の製作に携わっていたこともあるため、妥協のない製作ができる環境が整えられております。

2019/1/23

精巧な義歯を人工歯根にセットするインプラント治療。インプラントは、定期健診やブラッシングなど、その後のケアの仕方次第で寿命が変わってきます。本庄市でのインプラント治療のご相談は、私どもやしろ歯科医院にお任せ下さい。アフターケアまでしっかり行うインプラント治療をお約束致します。

2019/1/16

私どもやしろ歯科医院では、失われた歯の補綴治療として、従来の入れ歯の他に「ブリッジ」のご提案を行っております。ブリッジとは、失った歯の両隣にある健康な歯を支えにして、橋をかけたような形状の修復物を作り、失われた歯を補う、という治療法で、固定式なため入れ歯よりも違和感が少なく、取り扱いも手軽です。本庄で歯の補綴治療をお考えの際は、ぜひ当院にご相談下さい。

2019/1/9

インプラント治療は人工歯根を埋め込む1次手術と土台を取り付ける2次手術、そして治療後のメンテナンスなどのアフターケアと、比較的長期的なスパンで行っていくものです。だからこそ、高い技術力と豊富な経験を持つ歯科医にご相談いただくことが大切なのです。本庄市でインプラント治療をご検討の際は、私どもやしろ歯科医院をお訪ねくださいませ。

2018/12/19

入れ歯はインプラント治療と異なり、比較的手軽に失った歯を補うことができます。しかし、入れ歯と言っても様々な種類があり、中にはお口の状態によって使用できないものもございます。入れ歯に関してのさまざまなご相談事がございましたら、本庄市のやしろ歯科にお問い合わせ下さい。

2018/12/12

何かを“埋める”という意味を持つインプラント。歯に行うインプラント治療は、人工歯根を植え込み、さらにその上から人工歯冠を被せるという治療になります。本庄のやしろ歯科は、長きに渡り歯の治療に携わってきた実績がございますので、インプラント治療の際もぜひ当院にご相談いただければと存じます。

2018/12/5

「食事をするとお口の中が痛くなる」「つけてもすぐにずれてしまう」「とにかくお喋りがしにくい」など、入れ歯に関するトラブルはじつにさまざまなものがございます。今お使いになっている入れ歯に、少しでも気になるところがございましたら、本庄市のやしろ歯科にご相談下さい。患者様ひとりひとりに合った、適切な入れ歯をご案内致します。

2018/11/28

インプラント治療は、手術が完了しただけで終わり、というわけではありません。インプラントを末永く長持ちさせていただくためには、インプラントを埋め込んだ周辺組織の炎症を防いだり、歯垢や歯石といった汚れを取り除いたりと、アフターケアがとても重要です。本庄のやしろ歯科で行うインプラント治療は、アフターケアまでしっかりと対応致します。

2018/11/21

完全に自由診療扱いとなり保険が適用されないインプラント治療と異なり、入れ歯の治療には保険が適用されるプラスチック義歯というものがございます。費用をかけず、できる限り手頃な金額で治療を進めていかれたい、という際には、こちらの入れ歯がおすすめです。本庄のやしろ歯科では、これ以外にも様々なタイプの入れ歯をご案内しております。

2018/11/14

抜けた歯に人工の歯根を埋め込み、その上から人工の歯冠を取り付ける治療・インプラント。しかしながら、体に人工物を埋め込むのは不安・・・という患者様も少なくありません。本庄のやしろ歯科では、インプラント治療に際しましては細やかなご説明・ご案内を致しますので、安心してお任せいただけます。

2018/11/7

入れ歯は、その名の通り部分的に装着する部分入れ歯と、全ての歯を補う総入れ歯の2種類に分かれます。お口の中の状態によって運用される入れ歯は異なりますし、またそこからさらに材質やそれぞれの入れ歯のもつメリット・デメリットが異なってきます。ご自身にとってどの入れ歯を取り付けるのが適切なのか、本庄のやしろ歯科医院で詳しくご案内致します。

2018/10/31

インプラント治療は失われた歯を取り戻すための治療として注目を集めております。しかしながら、患者様によってはインプラント治療が適さない、という方もいらっしゃいます。本庄の歯医者・やしろ歯科では、実際の治療に入る前に診査・診断を行い、適切なご案内を致しております。

2018/10/23

入れ歯、とひとくちに言っても、それを構成する素材によって、軽さや着けた時の安定性など、それぞれの長所と短所ははっきりと分かれます。本庄のやしろ歯科では、患者様のご希望を伺いつつ、適切な入れ歯をご提案致します。 入れ歯選びにおいて何を重視されているのかをぜひお聞かせ下さい。

2018/10/17

近年、一般的にも広く波及している歯科治療のひとつ、インプラント。インプラント治療を行うに当たっては、しっかりと患者様のお話を伺い、治療についてしっかりと説明できる歯科医院にご相談ください。本庄の歯科医院・やしろ歯科では、「かみ合わせ認定医」のライセンスを持った院長が、患者様ひとりひとりとしっかり向き合い、適切な治療方法をご提案してまいります。

2018/10/5

コラムを更新していきます。

NOMOCa かかりつけの病院をアプリで一つに!

NOMOCa かかりつけの病院をアプリで一つに!

  • 院長ブログ
  • やしろ歯科医院 オフィシャルサイト
  • 審美歯科サイト
  • メールでのお問い合わせ
  • bottom_img05.png