年間延べ1万人から選ばれる歯科医院 徹底したインフォームド・コンセントによるインプラント治療 インフォームド・コンセントとは? 治療内容についてよく説明を行い、十分理解いただけたた上で治療を決定いただくことです。 受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

受付の大きなアンモナイトに触ってみてね!

歯を失ってしまったら

院長挨拶

やしろ歯科医院 院長 矢代享一(やしろきょういち)

インプラントの治療は今日では一般的な治療となりつつあります。インプラントは、歯を失われた患者さんが、従来の入れ歯や両隣の歯を削ってかぶせるブリッジなどと異なり、他の歯に負担をかけないで、天然の歯と同様に快適な食生活を回復させる事を可能とします。

しかし、他の一般的な治療とは異なり、体の中(歯が失われた部位の顎の骨)にインプラントという異物を埋め込み、その上にかぶせ物を作製していくため、より詳細な診査、診断が重要となってきます。また場合によってはインプラントの補助手術(「GBR法」「ソケットリフト法」などの骨移植、造骨)が必要となることもありますので、当院では出来る限りすべてCT撮影をさせていただき、詳しく患者さんに説明させていただいた上でインプラント治療を受けていただく様にしております。また、治療中の痛みも患者さんにできる限り感じさせないようにして治療を行うようにしております。

また、私は「かみ合わせ認定医」のライセンスを持っております。多くの歯を失ってうまく咬めない方、かみ合わせに不安のある方は当医院にお越し下さい。

やしろ歯科医院 院長
矢代享一(やしろきょういち)

何もしないで放置することをお考えの方へ…

何もしないで放置することをお考えの方へ…何もしないで放置することをお考えの方へ…

歯が抜けたところをそのままにして放置することも、立派な選択肢の一つです。

奥歯を数本失った場合には、しばらくすると残った歯でなんとか工夫をしながら、食事をすることが出来るようになります。胃腸が丈夫なら、消化が悪くなるということもさほど心配する必要はないでしょう。しかし長い間が経つと残っている特定の歯に負担が集中して、その歯の寿命が短くなる可能性は十分に考えられます。それに前歯を失った場合には、たとえそれがたった1本であっても放置しておくことは出来ないのではないでしょうか。

失った歯を補わないで放置しておくことでもう一つ心配なことがあります。それは歯が抜けたスペースに残った歯が移動してきてしまうということです。とくに、相手を失った対合する歯や、スペースの奥にある歯が移動してきてスペースを埋めようとします。

しかしそのスペースが完全に閉じられることは稀で中途半端で終わってしまうのが通常のパターンです。その場合には、咀嚼運動の妨げになったりして障害の原因になることもあります。

  • 院長ブログ
  • やしろ歯科医院 オフィシャルサイト
  • 審美歯科サイト
  • メールでのお問い合わせ
  • bottom_img05.png